スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
**おかえりなさい。。。**

一昨日の26日午後3時過ぎ
家族が見守るなか"みかん"は青空にのぼっていきました。

この日は風が強かったけどとってもよいお天気でそれも大安吉日。
なんだか"みかん"みたいな日だなぁ〜って^^

お骨をお迎えに行くまで時間があったのですが家に帰る気になれず。。。
何年ぶりかな?コメダに寄ってゆっくりみかんの話をしたり、ブラブラしたり。

久しぶりに見る外の景色は所々にお花が咲いていて
気づかぬうちにもうすっかり春でした。

新しい季節がもうそこまで来ているんだって思ったら
なんだか少し元気が出てきたよ。


+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + 

続きを読む >>
| rabbit | comments(2) | -
**お月様へ。。。**

今日の早朝6時前、愛兎みかんが家族みんなが眠る横でお月様に旅立ちました。

享年 8歳3ヶ月と2日。
丸1日食べられなかったみかんがお野菜とたんぽぽを奇跡的に最後に口にしたのがおとといの早朝。
それから丸2日経ってのことでした。
全然水も飲んでないのに、おしっこだけは毎日していて。
どこにそんな水分が残っているのか不思議なくらいだったんですよ。
最後まで本当にすごくがんばったと思います。
えらかったね。


続きを読む >>
| rabbit | comments(6) | -
**祈り.....奇跡...。・.。***

みなさん、大丈夫でしょうか?

いろいろなことが重なって落ち着かず、しばらく更新できずご心配おかけしましたが我が家は皆無事でいます。

3月11日.....東北地方太平洋沖地震発生から今日で6日。

毎日テレビから流れる悲惨な映像に心が痛み涙し。
まだこの雪が降る寒空の中に、取り残された方がいるかと思うと胸が張り裂けそうです。

被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。


+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +


地震当日、前日からの愛兎みかんの容態に怯え、息子の発熱(インフルエンザではありませんでした)で眠れない一夜を過ごしました。

みかんのゲージの横で、熱のある息子が寝付いて私も少しウトウトし始めたちょうどその時でした。
いつもと違う揺れ。
揺れ自体は3分くらい続いたでしょうか?
すごく長くて気持ち悪いゆっくりな横揺れ。
こんな奇妙な揺れ方は初めてで、最初は自分が寝ぼけているのかと思った程。
でもダイニングテーブルの上のシャンデリアがとんでもない揺れ方をしていて、慌てて息子を抱きしめ納まるのを待ちました。

すぐにじいじから電話があって、こちら名古屋は震度4でしたが何の被害も無く安心したのですが.....
脳裏に浮かんだのは茨城に住む弟家族。

何度電話しても繋がらない。
やっと通じた義妹の携帯。
義妹は初めて通じた電話の先では、震える声。
地震後初めて聞いた父の声に少し安心したようでした。
1歳にならない娘を抱きしめ、物が落ちてきてぐちゃぐちゃで足の踏み場もない部屋の中ただ呆然と立ちすくむことしかできなかったそうです。

その後やっと通じた弟の携帯では、あんなに頑丈な会社の建物(研究施設)が崩れ歪み。
やっと開いたのはたった1つのドア。
そこからなんとか無事脱出したものの、あんなに冷静な弟が死ぬかと思った....って。
そんなに酷いことになっているなんて.....

その後私はみかんを病院に連れていって、家に戻って点けたテレビのあの光景。
もうこれが日本なの!?津波の恐ろしさに信じられない気持ちでいっぱいになりました。


昨日の夜も静岡で地震があり、こちら名古屋も震度3で揺れましたが.....被災に遭われた方々はこんなもんじゃない。
また福島原子力発電所からの被爆の恐怖も日を追うごとに強くなってきています。

弟は結局会社ではいまだ停電中で仕事できる環境に無いので、今も自宅待機中です。
この先どうなるのかまったく分かりません。

小さい子どもを抱えて、いまだ断水と停電(昨夜計画停電がありました。被災地なのに!!)
同僚家族は被爆の心配がある為、関西の実家に避難生活に踏み切ったそうです。
弟家族は来週末に引越し予定だった為、こちらに帰省するか今も悩んでいます。
遠いところに住む家族。
足りないものを送りたくても送れず、ただ毎日の電話で近況を知り、励ますことしか出来ません。

大津波が襲ったあの町では、今だ連絡がつかない家族の叫びがTVから聞こえてきて涙が出てきます。

遠くに離れた私たちに今出来るのは、微力かもしれないけど少しでも節電しTVでも放送されているように義援金の寄付でしょう。
そして極力無駄のない生活を送ることではないでしょうか。

いつものように普段通りの生活ができることに感謝。
好きなものが食べられることへのありがたみをかみ締め。
明るい暖かい部屋に住める幸せ。
家族が皆無事にいるということ。

幸いなことに被害を受けなかった私たちが、災害について考え、愛を持って日々の生活を見直していくことが大切なのかもしれません。


被災地の1日も早い復興と、被災された方々の笑顔が少しでも戻ることをお祈りいたしております。


にほんブログ村 インテリアブログ フレンチインテリアへ

続きを読む >>
| rabbit | comments(0) | -

Mon petit coco*

カワイイもの大好きなvanilla*が
お気に入りや日々のことを綴っています。

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECOMMEND
Keitai Diary
Nicotto town
rakuten
mail
Counter
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode