<< ** 突然の別れ..... ** | HOME | ** ソラ ** >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
** ありがとう..... **


るるが亡くなってから2週間

やっと少し心が落ち着いてきました


最初の1週間は本当につらくてつらくて

急なことで現実が受け入れられなくて

息子を朝送り出しひとりになるとすっかり力が抜けてしまい

毎日泣いて暮らしました

夜も色々と考えてしまい眠れずやっと眠りにつけるのが朝方

朝起きるとぽんぽんに目が腫れている日が5日続いて

お腹は空くんだけど胸が詰まってご飯も食べられなくて.....


でも

事情を知っている近所のママ友達が話を聞いてくれたり

毎日夜電話で単身赴任中の旦那さんとるるについて語ったり

息子くんが幼稚園でいない時

音のしない家にひとりでいるのが辛くて母に電話で聞いてもらったり


辛いけど毎日るると向き合うことで

すこしづつ心が前を向けるようになったのだと思います


みかんを3月に亡くしたときはるるの存在がすごく私を助けてくれたけど

今回1番大きかった心の支えが息子くんでした

私が泣いていると「ママ、○○くんがいるから寂しくないよ!大丈夫だよ!!」と

いつも駆け寄って小さな身体でぎゅっと抱きしめてくれました

その小さな温もりにどれほど助けられたことか.....

本当に息子くんがいてくれてよかったと心の底から思いました

そして同時にるるとみかんの分まで

いっぱいいっぱい息子くんに愛情を注いでいこうと





るるの葬儀は翌々日の16日の午後2時過ぎ

みかんの時と同じペット霊園で行いました

パパがいないので私がちゃんとるるを送り出してあげなくちゃという強い気持ちで...



るるが大好きでよく食べていたお野菜(サラダ菜、パセリ、にんじん)
庭で採れた大葉にプチトマト
生牧草にクローバー、たんぽぽの葉
いつも食べていたペレット、えん麦、クッキー、乾燥パパイヤ、チモシー

すべてみかんやお友達と仲良く食べられるよう多めに入れて持たせてあげました



ちょうど金曜はおじいさんおばあさん招待日で幼稚園が半日だったので

父母に付き添ってもらい無事送り出してあげることができました

本当はパパも一緒に家族みんなで送り出してあげたかったけど...

DSCF1019_1.jpg
みかんと一緒にいつもわたしたちを見守っていてくれています


翌日は土曜日で帰る予定だった旦那さんでしたが急遽仕事で帰宅できなくなったので

父母に手伝ってもらいみんなでるるのゲージを丁寧に洗い片付けました

リビングにあった空っぽのるるのゲージ

キッチンに立っていてもいつもよく見える場所にあったので

るるのいないゲージを見ると「どうしていないの?何で??」とたまらなく寂しくなるので.....


今はるるがお気に入りだったグリーンのイスをそこに置いています
DSCF8477_1.jpg


7月に腫瘍摘出の手術をして経過も良好

術後収まっていた発作(たぶんエンセファリトゾーン)だったのに

土曜日私たちが出かけた2時間の間におきた大きな発作

ローリングで右後ろ足の爪が折れて落ちていました

きっと転げまわってトイレの網にでも引っかかっちゃったんだよね....

いつもならわたしが傍にいてるるの身体を擦って落ち着かせてあげられたのにね


それからいつもと様子が少しおかしいと思い最初に病院に行ったのが月曜日

火曜日は病院がお休みで息が苦しそうなるるの傍にずーっとついて過ごしたよね

水曜日の朝一で病院に行って点滴と注射、発作のお薬もしてもらって

まさかその日に.....こんなに早くに大きな発作がおきてそのまま逝ってしまうなんて

元気になると信じていたのであっという間に亡くなってしまうなんて夢にも思いませんでした


ついさっきまで仕事先でお客さんと一緒にじいじが採って来てくれたたんぽぽの葉っぱ

苦しいけど私が口元に運ぶと一生懸命食べてくれていたのに.....

ペレットもお水もチモシーも食べられなくて

大好きな生牧草なら食べてくれると思っていっぱい注文したのに

結局数口しか食べられなかったね

土曜日に買ったばかりのおNEWのトイレもまだ3回しか使ってないのに

ペレットもチモシーもペットシーツもすべて買ったばかり


るるの身の回りの品がいっぱい残ったままの我が家

それを見るたびに胸が締め付けられます


幸い生牧草は幼稚園で飼っているうさぎさんに食べてもらうことにしました

そのまま捨てるなんて忍びなくて

きっとるるもお月様で喜んでくれていることでしょう




発作で脳がダメージを受けたのもありますが肺炎も併発していたようです

この最後の2日間は横にもなれずトイレにしがみ付いて

苦しそうにずっと斜め上を向いて息をしていました

めずらしくお部屋に出たがりリビングの私の傍らでごろんと横になっていた姿

久しぶりにるるとゆっくりと過ごしたあの時間

忘れないよ.....



うさぎの9歳という歳は人間でたとえると72歳になるそうです

1年で6歳の歳をとるといううさぎさん

るるにとってのこの5日間は30日にも及んでいたんですね


もっともっと一緒にいたかったけど

最後まで一生懸命に生きた"るる"

すごくすごく頑張ったね

お月様でみかんと弟ごまちゃんとお友達と一緒に仲良くしてね

いつまでもいつまでもるるはわたしたちの大事な家族です

いままでいつも一緒にいてくれてありがとう.....


ずーっと ずっと だいすきだよ



p.s. 心配してくれたお友達本当にありがとう
そしてメールをくださった方、同じ思いをされてきっと辛いでしょうに励ましてくださってうれしかったです 
まだ涙が出るし辛いけどすこしづつ前を見てがんばっていきますね^^

るるとの楽しかった日々、また日記で語っていこうと思います

 
| rabbit | - | -
スポンサーサイト
| - | - | -

Mon petit coco*

カワイイもの大好きなvanilla*が
お気に入りや日々のことを綴っています。

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECOMMEND
Keitai Diary
Nicotto town
rakuten
mail
Counter
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode